お絵描きロボット


回転する動きをまっすぐの動きにかえる、スライダリンク機構という仕組みを使ってお絵描きロボットを作りました。

たて方向へは、スライダリンク機構とサーボモーターの組み合わせで、ペンを動かします。
スライダの穴にガイドが通っていて、く動節を回転させるとガイドにそって、スライダが動きます。

よこ方向へは、DCモーターでペンを動かします。

組み立てはかなり複雑です。ガイドはステーという細長いブロックを2つつなぎ合わせて作ります。

たて方向、よこ方向、それぞれ線が引けたら、四角形を描きます。
それから、斜めに線をひく方法を学習して、三角形を描きます。
さらにちょうちょの絵を描きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA