紙飛行機発射台とクレーン車への改造2020年4月(緑区 プログラミング教室)


2年目に入った徳重校のSくんとTくん。
紙飛行機発射台を作成しました。加速度センサーで発射台の向きを変えて、
紙飛行機を飛ばす方向を決めて、タッチセンサーを押すと、
DCモーターが動いて、紙飛行機が発射します。

2時間目は、発射台をクレーン車に改造して、
3つのブロックをつないで作成した台の上に
乗せた1つのブロックを落とします。

プログラムも組み立てもすんなりできました。
Tくんがクレーン車を操作する時に、
Sくんがドッキリをしかけました(^_-)-☆。
台のブロックと落とすブロックをつなげておいたのです(笑)

動画です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA