歩行・ブロック検査・フォークリフト(緑区プログラミング教室 月曜日3人2020年12月)


Kくんは、歩行ロボット(動物編)でした。
まず、関節のない4足の歩行ロボットを作成しました。
それから、関節をつけた歩行ロボット、
1本の足に、ひざ上とひざ下に1つずつサーボモーターを使いました。
つまり8個のサーボモーターを使いました。
プログラミングは複雑です。よく倒れますが、
Kくんは、倒れないように上手にプログラミングできました。
さらにレベルアップミッションでは、しゃくとり虫のような
オリジナルのロボットを作りました。
見本は側転ロボットで、みんな側転ロボットを作るのですが、
Kくんは自分で考えてオリジナルのロボットを作りました。
えらい!!

Iくんは、今月はブロック検査ロボットでした。
赤外線フォトレフレクターの値で白色と黒色を識別して、
それぞれのブロックを別のところへ入れます。
その時に黒色のときは赤のLEDを白色のときは緑のLEDが点灯
するようにしました。
さらに、ブロックのかわりに、100円玉と10円玉を識別
するようにしました。

Yくんは、リンク機構をつかったフォークリフトでした。
4つのボタン押したときに、サーボモーターを制御して、
上下の上げ下ろし、及び前進後進のプログラムにしました。
動画を取り忘れました(・.・;)
動画にあるのは、その次のお絵かきロボットで、
縦の直線を引くところです。

動画です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA