お絵かきロボットとタイミングゲーム(緑区プログラミング教室Y&Kくん)


お絵描きロボットは、
縦の線と横の線を組み合わせた四角形を描きました。
それから、斜めの線を練習して、
ちょうちょ(バタフライ)を描きました。
斜めの線は、横線のDCモーターと縦線のサーボモーターの両方を同時に動かします。
速度をうまく合わせないときれいな斜め線になりません。
Yくん、上手にできました。
さらに、でこぼこの線を繰り返しました。

レベルアップミッションでは、音センサーをつけました。
音がしないとまっすぐの線になり、音がすると、
斜めの線が描かれます。音が大きくなると、長い斜めの線が
描かれます。なので、折れ線グラブになります。
Yくん、少し幅の小さなかわいらしいグラフになりました
\(^o^)/

タイミングゲームは、タイマーを使用して一定の時間内に
ランダムに数字を出し、その数字によって、点灯する
LEDが変わります。たとえば、1なら赤のだけが点灯、
2なら緑だけが点灯、3なら両方点灯というように。
そして、その点灯したLEDを見て、数字を当てます。
数字はボタンを押します。合っていると成功音の高い音、
間違うと失敗音の低い音が出ます。

レベルアップミッションでは、赤外線フォトレフレクターを追加しました。
ブロックをつなげた針を回して、ちょうど赤外線フォトレフレクターの
ところで止めることができたら、成功。ずれると失敗です。
Kくん成功音は音階があがっていくように、失敗音は音階が
下がっていくようにしました。

何度も続けて成功できました\(^o^)/

動画です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA