算数の文章題は解けていますか?

「計算問題はできるけれど、文章問題が苦手」という保護者様のお声を非常に多く伺います。今後は大学受験が思考力を問う問題へと移行していきます。そんな新しい受験制度に対応できるよう考ラボでは中学・高校へ進学しても困らない算数力を身につけてほしいと考えています。そのために思考トレコースをはじめ、早い時期から考える訓練ができるように思考力UPを目指した内容に特化しているコースを展開しています。思考力とは初めて見た問題でも自分なりに答えを導く力」「思考錯誤力」「集中力」です。

 

整理して式をつくる過程を意識する

文章題が得意な子は公式やパターンで解くのでなく、面倒くさがらずに「自分の頭で整理し考える」経験から、解き方を知らなくても考えれば答えが見つかることを知ってしています。解き方を 知らない「初めて見る文章問題」では、受験専門塾でたくさん練習してきた子でも解けないケースが多くあります。言い回しが変わると教わった図や完成形の式が思いつかないからです。

学校の勉強は、解き方を教わって類題をこなせばテストで良い点を取ることができます。残念ながら、今の小学校や中学校さらに言えばほとんどの塾ではそういう勉強をさせています。


従来型>>

この問題はこの図、という風にセットで暗記
  • 頭の中で「なんとなく」整理して、記憶を頼りに「それっぽい」図を思い出し当てはめて解く
  • 図を描く作業はほとんど問題を解くのには効果がなく、ただ処理時間を増やすだけの面倒な作業

→結果

先生が説明した完成形やテキストに載っている出来上がった図が印象に残るので、その図が完成するまでの途中プロセスがなく類題をパターンで解くができない


特化クラスでは

問題を読んで,「何を答えることが求められているのか」を分析し,解答にたどりつくには「どうすればよいのか」を考える学習をします。したがって,このテキストには計算練習のための問題はありません。

また1問あたりにかける時間を多く割いています。まずはお子さまが自分で整理することを目的とし、式を作るまでの過程を重視します。また小学校高学年や中学生は解答集を「調べる情報」として位置付け、「先生わかりません」ではなく、「なぜこうなるのか?」を考えて、とことん自力で解答を理解することを目標 にします。問題を整理することに慣れるまでに1問当たりの解答時間は多くかかります。割合や線分図などは最初に図で整理する方法を最初に先生が解説する場合もあります。

テキスト例 【学林舎】成長する思考シリーズ (※画像はクリックすると拡大します。)

 

コース案内 

対象>>小学3年生~中学2年生

 

月謝>>5000円(税別) テキストは実費

時間>>下記より選択(これ以外の時間帯は開講していません)

月曜日 18時~ /木曜日 17時~ 19時~ /金曜日17時~

授業形式>>50分×年間44回

※集団制ですのでお休みの振替制度はありません

※無学年形式です