ロボットプログラミングを通じて

ロボット製作もプログラムも思ったようにいかないことが多々あります。色々な壁にぶつかりながら子どもたちは根気よく解決策を見つけていきます。失敗を繰り返すことが成功へとつながることを実感できるからこそ論理的思考力や想像力、試行錯誤力、表現力が伸びます。

海外では5歳から始まるプログラム教育

さまざまな国では既に低年齢からプログラミング教育が始まっています。お隣の韓国でも小学生から正規教育課程として決定しています。早くからプログラミングを学ぶことは学校での授業で困らないだけでなく、生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも英語教育と同様にグローバル人材になるためには必須であり、これからの社会を生き抜くために身につけておきたい素養の一つになりつつあります。

 

小学3年生からの本格的なロボットプログラミング
年長~小学2年まで基礎力がつく