●思考トレ国語


どの教科にも必要な「読解力」「書く」「話す」を中心に柔軟な思考力を鍛えます。

手と頭を同時に働かせながら、四則演算・図形力を鍛えるパズルと、じっくり読み解くテキストで読解力・漢字・語彙力を強化していきます。
頭で考えている時、私たちは頭の中で言語を使っています。言語によって表現されているものを読み取り・理解する力、つまり「言葉の力」を鍛えるということは、論理的思考力を鍛えることであり、全ての教科に必要なことです。
授業では、漢字や音読、筋道・論旨を的確につかむトレーニングを徹底して行います。全ての問題が、論理的思考のステップに沿って構成されており、さまざまな視点から読み解くことが求められます。じっくり考えたり、体を動かして暗唱したり、他ではない授業スタイルで基礎から育成します。
子どもたちの読書歴・学習歴によって語彙力や読解力は様々です。はじめのうちは文章のなりたち、文章をまとめる方法や順序立てて物事を考えたり、規則性を見つける方法など要旨を理解する力を養います。段階的に学びながら、ただ単に解答を求めるのではなく「思考さする。つまり考え表現する」ことが身につきます。