スキャン機能付きアームロボット(緑区 プログラミング教室)2021年11月Yくん


レベル3から7で学習してきたことを組み合わせてロボットを作りました。
今までの総復習のようです。

1.赤外線フォトレフレクターをつかって見つけたブロックを
  アームロボットで運ぶ仕組み。
2.変数を使って、サーボモーターを1度ずつ角度を変えて制御する方法。
3.2種類のギアを組み合わせて、回転運動を直線運動に変える仕組み。
4.リストをつかって、複数の情報をまとめて記録する方法。

ここでは、センサーの感知範囲を広げるために、センサーを動かすという方法も
学びました。

使うパーツも多いです。
組み立てにも時間がかかります。

Yくん、ブロックはうまくつかめましたが、台におくときに台から落ちてしまいました。
台を少し大きくして、うまくいきました。

ブロックを持ち上げたところ
ブロックを置いたところ

動画です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA